銀行や消費者金融の審査前に理解しておこう

銀行や消費者金融は過去の借り入れ状況を調べてる?

カードローンを利用しようと思う場合契約時に必要になるのが個人の情報になります。実際にそのような情報を利用する際にその個人個人での必要な情報を各金融機関は手に入れているのですがそのような情報はどこから入手しているのか、またそのような情報について説明していきます。

まず金融機関とカードローンで契約を行う際に個人情報の提供によって契約の可能不可能が決定します。実際にこのときに提供する情報を信用情報といいます。主にこの情報は契約にあたっての返済能力が存在するかということの確認材料になる非常に重要な情報です。

実際に金融機関がほしがる情報として確認するものがこのような信用情報の内容になります。このような信用情報は実際にカードローンなどで契約する際に登録する機会が存在します。

一度カードローンなどの利用を行えばそこに登録した情報を再度信用情報として参考に契約時に利用されます。ではこのような信用情報にはどのような情報が含まれているのかということについて説明していきます。

このような個人信用情報には主にその個人の返済能力や信頼性を重んじた情報が載っています。実際に契約内容やそのカードローンの利用状況、本人を識別する情報などが記述されています。

実はそれと同時に過去のカードローンなどの利用の履歴と同じようにカードローン利用にあたっての規約違反があった場合にはそのような情報についても記述されます。そのような個人信用情報の状態のことを事故情報と呼びます。

事故情報にはそのケースによって種類がありその規約違反の内容によっても変化していきます。

実際に延滞程度のものならその情報が記載されてしまう事故情報の状態が一年から五年程度、重度なもので自己破産や債務整理といった基本的に大きな額が動くものについては七年から十年程度のこのような状況がつきまとわることになります。

このような協会からの個人信用情報から過去のカードローン利用の情報などを実際に調べています。このようにカードローンを利用するにあたって主に重要な部分として個人の返済能力を問うような情報だけではなく過去の利用状況から実際に契約の合否を決定します。

ですのでカードローン利用時には自身の現在の状況で利用するだけではなくこれからのカードローン契約に関しても影響が出ないように契約を行うように心がけましょう。

信用情報機関では何が分かるのか?

多くの方が消費者金融や銀行のカードローン審査を申し込む際に気にするのが、個人信用情報機関の情報です。

日本国内には、3つの個人信用情報機関が存在し、『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』『貸金業法指定信用情報機関(CIC)』そして『日本信用情報機構(JICC)』となっています。

これら3つに登録されている信用情報は独立しているものの、基本的には同様の情報が登録されています。そして、これら3つの機関の登録会員となっている銀行や消費者金融は、申込内容に沿って情報照会を行うことが出来ます。

基本的に照会情報(申込情報)やクレジット情報(取引履歴)、そして利用記録が登録されています。特に注意するべき情報としては、クレジット情報に含まれる異動履歴があり、支払遅延や保証履行、そして破産や異動発生日が記録されています。

CICやJICCについては、このような情報が契約期間中または契約終了日から5年以下の情報が登録されるため、審査申込をした際にこのような情報が残っていると審査不通過になる可能性が高くなります。

一方、銀行カードローンで多く利用される個人信用情報機関はKSCであり、登録情報には官報の情報も記録されています。つまり、自己破産や個人再生を行った履歴が登録されており、免責許可決定日から10年を超えない期間の記録保管がされることとなります。

個人信用情報機関は多重債務者の発生抑制や債務超過を防ぐため、他社の借入状況や返済状況まで分かってしまいます。

その他にも、個人信用情報機関にはクレジットカードの契約や利用状況についても記録が残っています。その為、審査申込時に他社からの借入状況に虚偽があった場合は筒抜けとなっていること、そしてクレジットカードの利用規約違反で強制解約になった情報までもが記録までも確認できるといったこととなります。

結果的に個人信用情報機関で管理されている情報は、カードローンの情報だけでなくクレジットカードの利用情報など様々な情報が記録されており、実質的には金銭が関わる情報の殆どが記録されていると言っても過言ではありません。