プロミスの審査

プロミスの審査基準は?

審査基準は開示されていませんが、審査に落ちやすい条件を挙げていきます。年収の3分の1を超える額を、貸金業者から借り入れている。消費者金融から、すでに5件以上の借り入れを受けていたり、1週間以内に他にも申請している。年金生活者など安定した収入を持っていない。

プロミスからの借り入れを、長期または複数回にわたり滞納した経験が過去にある。在籍確認を取れないなど、身分について明確な確認を取れない。これら条件に該当する人は、プロミスの借り入れを申請できても、審査で弾かれる可能性が高いです。

プロミスの審査は甘い?厳しい?

プロミスの審査基準は大手2社に比べ厳しいです。アイフル、アコムの新規審査通過率は各月45?48パーセントで推移しているのに対し、プロミスは42パーセント前後で推移しています。

大手三社の中でプロミスばかりに筋の悪い顧客が申し込むとは思えませんので、プロミスの審査は同業他社より厳しいといえます。この現象はプロミスは融資ビジネスよりも三井住友銀行を中心としたカードローンの保証業務に重きを置いている事が影響していると思われます。

保証業務に企業としてとれるリスクを多く傾け注力しており、本業のリスク許容量が下がっていると考えれば説明がつきます。なんにせよ、プロミスに対して特に拘りが無いのであれば他の消費者金融を選択した方が無難でしょう。

プロミスの審査と借り入れまでにかかる時間はどれくらい?

プロミスは、審査から借入まで非常にスピードが早くてびっくりしました。プロミスのホームページからネットで申込みました。

申込み完了から約20分くらいして、携帯にプロミスから連絡があり申込み内容、借入希望金額に間違えないか?申込んだのが本人かどうかの確認をされました。間違えないのを伝えると「そのまま電話を切らずにお待ちください。だだ今からこのお電話にて在籍確認をします。

」と言われました。そしてその電話で、在籍確認が完了しました。10分後くらいにメールで審査が完了して希望額で契約完了の連絡がきました。申込みから契約完了まで約2時間くらいでした。スピードが早くてよかったです。

プロミスは在籍確認は必須?書類で電話の代用ができる?

プロミスのカードローン契約は、勤務先への在籍確認無しでも可能であり、基本的には勤務先が特定可能かつ安定した収入があることを証明できる書類が必要です。そもそも、在籍確認については『しっかりと返済できる状態にある=就業している』ということの確認です。

プロミスは貸金業者であるため、無職に方に融資することが出来ないこととなり、在籍確認の電話をするのが手軽に済む確認方法となります。

しかし、毎月の給与明細や健康保険証の提示といったことで在籍確認の代用とすることができ、特に健康保険は保険組合名が記載され、無職である場合は加入が出来ません。

扶養家族となる場合、健康保険証に『本人』と記載されないため、注意する必要がありアルバイトで収入がある場合は収入の証明が必要になります。在籍確認が回避出来るものの、万が一の際において、給与差押が出来ないため、融資金額は少なくなります。

プロミスの審査に落ちる要因と落ちないためのポイント

プロミスの審査に落ちる要因と落ちない為のポイントとして、そもそも金融機関の審査に落ちる人は、過去に支払いが滞ったり遅延を繰り返したりして居る人は、基本的に落ちます。また審査の前提で必ず信用情報機関への確認が行われます。

そこでされるのは他社での借り入れ状況を確認されます。よって法律のガイドライン以上の借り入れをしているとまず通りません。よって落ちにくくする為には今ある支払いは遅延なくきちんと支払うこと、そして他社からの借り入れをしないようにする事がまず大事です。

また落ちにくくするポイントとしては安定収入がある事も重要なポイントとなります。

プロミスのことをもっと詳しく知りたい方には、プロミス審査攻略ナビが参考になるかと思います。